Nagoya Institute of Technology Research Administration Office

名古屋工業大学リサーチ・アドミニストレーション・オフィス

文字サイズ
サイト内検索

URAオフィスについて

> URAオフィスについて > メンバー

メンバー

木下 隆利  Takatoshi Kinoshita(URA室長:企画・評価担当理事)

 2017年4月1日から、URA室長を兼務しています。今後は本学の研究力強化により密接に関っていきたいと思います。

白木 邦明  Kuniaki Shiraki (参事)

 1969年3月に九州工業大学機械工学科を卒業後、1972年6月に宇宙開発事業団(NASDA:2003年10月にJAXAに統合)に入社しました。
 2000年4月より、国際宇宙ステーション(ISS)計画の日本実験棟「きぼう」開発プロジェクト・マネージャとして全体開発を所掌し、2007年8月から2011年7月までJAXA理事、及びISSプログラム・マネージャとして、我が国の有人宇宙活動計画を推進してきました。
 2013年10月より名古屋工業大学に勤務し、2014年7月1日にリサーチ・アドミニストレーション・オフィス(URAオフィス)が設置され、URAオフィス長に任命、2017年4月より参事を拝命しております。

小林 智之  Tomoyuki Kobayashi (シニアURA

 私は1978年3月に名古屋工業大学工学部Ⅰ部生産機械工学科を卒業後、日本国有鉄道を経て1986年10月に宇宙開発事業団(NASDA:2005年10月にJAXAに統合)に入社しました。

 宇宙往還輸送機の耐熱構造技術の研究を皮切りに、NASDA全体の研究開発管理、そして国際宇宙ステーション(ISS)日本実験棟「きぼう」の産業界への利用を促進するための新しい計画の構想つくりから実施などを所掌してきました。 

 2014年7月よりリサーチ・アドミニストレーション・オフィスに勤務しています。これまでの経験を活かして、これからの社会が求める名古屋工業大学の一層の研究力強化に向けた取組を支えてまいります。

藤原 郁子  Ikuko Fujiwara(URA

経歴:1998 年 早稲田大学理工学部応用物理学科                               卒業
        2000 年 早稲田大学大学院理工学部物理及応用物理学科修士課程     卒業
        2003 年 早稲田大学大学院理工学部物理及応用物理学科博士課程
                   (日本学術振興会特別研究員DC)                                 修了   (理学博士)
        2003 年 大学共同利用機関法人自然科学研究機構 (岡崎共通研究施設)
                    統合バイオサイエンスセンター(日本学術振興会特別研究員PD)
                  木下一彦研究室 / Yale大学Tom Pollard研究室
        2005 年 Yale University, Molecular, Cellular & Developmental Biology, USA.
                    Advisor; Thomas D. Pollard, M.D.
                    Posdoc
        2006 年 NIH (National Institutes of Health), National Heart, Lung and Blood
                   Institute,
                  Laboratory of Cell Biology, USA , Advisor; Dr. Edward Korn and
                   Dr. John Hammer III
                    Research Fellow
        2014 年 京都大学 物質-細胞統合システム拠点 (WPI-iCeMS)
                   特定助教
        2015 年 名古屋工業大学 リサーチ・アドミニストレーション・オフィス
                    リサーチ・アドミニストレーター

        専門は生物物理学。細胞骨格タンパク質であるアクチンが重合する機構(モノマーからポリ
        マーになる)とその調節タンパク質の機能を解析。特に全反射蛍光顕微鏡での実時間直視・
        計測から、タンパク質1個の振る舞い(1分子キネティクス)の理解に携わる。
      世界中の研究者との交流・協動・発展への支援を通じて、教育と研究力の充実・国際化を
        目指す。

 

浅野 清美  Kiyomi Asano(スタッフ)

 

飯田 美重   Mie Iida(スタッフ)

ページトップへ